流れについてFLOW

分譲地取得までの流れ

STEP1

資金計画

大まかな予算を決める。

STEP2

土地探し

現状とこれからのライフスタイルを考慮し、希望地(候補地)を検討する。

STEP3

現地(分譲地)見学

現地を見て回わり、交通利便性や周辺環境などを確認する。

STEP4

法的制限や権利関係を調べる

土地の活用用途に対する制限などを確認する。

STEP5

資金計画の再チェック

不動産業者などのプランを参考にローンを準備する。

STEP6

申込み

申込み証拠金を支払う。

STEP7

重要事項の説明

売買物件(土地)に関わる重要事項の説明を受ける。

STEP8

売買契約

土地取得にあたり手付金と、仲介業者への仲介手数料を支払う。

STEP9

ローンの申込み・契約

各種金融機関にてローンの申し込みを行なう。

STEP10

残金決済

土地代金の残金、諸費用を支払う。

STEP11

土地の登記

現況や権利関係を記録する不動産登記を行なう。

STEP12

土地の取得

晴れてこの土地の所有者となる。

分譲住宅取得までの流れ

STEP1

資金計画

大まかな予算を決める。

STEP2

物件探し

立地場所や間取り、デザインなどを基準に希望物件(候補)を検討する。

STEP3

現地(分譲住宅)見学

建物の間取りや仕様、デザインだけでなく、立地や周辺環境なども現地にて確認する。

STEP4

法的制限や権利関係を調べる

土地の用途に対する制限や権利関係・条件などを確認する。

STEP5

資金計画の再チェック

建築業者や不動産業者などのプランを参考にローンを準備する。

STEP6

申込み

申込み証拠金を支払う。場合によっては抽選になることもある。

STEP7

重要事項の説明

売買物件(土地・建物)に関わる重要事項の説明を受ける。

STEP8

売買契約

土地と建物の分を一緒に契約する。これらの取得にあたり手付金と、仲介業者への仲介手数料を支払う。

STEP9

住宅ローンの申込み・契約

各種金融機関にて住宅ローンの申し込みを行なう。

STEP10

建物(現物)確認

契約時に未完成だった場合は、建物が完成した段階で細部をチェックする。必要があれば手直し工事を行なう。

STEP11

残金決済

土地・建物代金の残金、諸費用を支払う。

STEP12

物件引渡し

建物・土地物件の引き渡しを行なう。

STEP13

土地・建物の登記

現況や権利関係を記録する不動産登記を行なう。

STEP14

抵当権設定登記

金融機関の住宅ローンを利用している場合に必要。手続きは金融機関が行なってくれる。

STEP15

入居・引越し

晴れて、建物と土地の所有者となる。

注文住宅取得までの流れ

STEP1

住宅建築についての相談

建築業者の事務所や展示場にて相談する。

STEP2

依頼

相談の上、信頼のおける業者へ具体的な話を依頼する。

STEP3

敷地調査①

所有する土地について、敷地調査(土地形状・隣家・周辺環境・街並・接道状況など)を受ける。

STEP4

敷地調査②

当該土地の用途に対する規制や建築上の条件など法的制限を確認してもらう。

STEP5

基本計画の提示

敷地調査を元に基本的なプランと概算見積りを提示してもらう。

STEP6

本設計

営業担当者と設計士との打ち合わせの中で、住宅の設計を作り上げていく。

STEP7

見積り調整

予算を見計らいながら、希望に沿った住宅仕様を具体的に定めていく。

STEP8

合意

住宅の設計・仕様に合意する。(※施工中の仕様変更が生じても柔軟に対応。)

STEP9

住宅ローンの申込み・契約

各種金融機関にて住宅ローンの申し込みを行なう。

STEP10

工事請負契約

建築工事についての契約を交わす。合わせて、手付金も支払う。

STEP11

建築確認申請

建築する建物が法令上・条例上適合であるか審査を受け、許可を受ける。

STEP12

着工

施主・工事関係業者が一同に揃い地鎮祭を行う。その後、地盤調査を経て着工する。

STEP13

上棟(建前)

建築棟梁により工事の無事完了を祈って行なわれる。

STEP14

竣工・完了検査

建物が完成(竣工)し、公的機関による完了検査を受ける。

STEP15

引渡し

建物・土地物件の引き渡しを行なう。このとき、代金残金の支払いも行なう。

STEP16

土地・建物の登記

現況や権利関係を記録する不動産登記を行なう。

STEP17

ローンの実行・代金清算

金融機関による住宅ローンを始める。

STEP18

入居・引越し

晴れて、建物と土地の所有者となる。

リフォーム工事の流れ

STEP1

リフォームのきっかけ

お住まいの住居について、困ったことや改善したい所を発見する。また「こうしてみたい」というイメージを持つようになる。

STEP2

リフォームについての相談

建築業者の事務所や展示場にて相談してみる。また電話などを通じて相談してみる。

STEP3

現場調査の依頼

必要な工事内容をきちんと把握するため、現場(自宅)調査を依頼する。リフォームの場合、きちんとした見積りを作成する上で、どうしても現場調査による現状把握が必要。(※現時点で契約を結ぶことはない。)

STEP4

現場調査の実施

現場(自宅)に来てもらい、現場調査をしてもらう。また改善したい箇所や、リフォームにあたっての要望をしっかりと伝える。(※この時点でも、契約はまだ結ばない。)

STEP5

プランのご提案・お見積り

現場調査や要望を受けて、リフォームプランを提案してもらう。またこの時にお見積りや工期期間もきちんと確認する。

STEP6

最終プラン・見積りの確定

業者との打ち合わせを重ね、納得できるリフォームプランに仕上がる。同時に、プラン見積りと予算を照らし合わせて確認する。

STEP7

工事請負契約

信頼できる業者、納得のプランであると判断できたならば、工事契約を結ぶ。なお、この契約は口約束ではなく、きちんとした手続きを行なう。(※このとき、場合によっては手付金などを支払う。)

STEP8

住宅ローンの申込み・契約

各種金融機関にて住宅ローンの申し込みを行なう。

STEP9

着工

ご近所への挨拶を経て、リフォーム工事が始まる。リフォーム工事の間でも、不明点や要望があれば、担当営業などに伝えていく。

STEP10

工事完了

業者による厳正な検査と、施主による仕上がり確認を済ませた後に、お引渡しとなる。場合によっては取扱い説明を実施する。(※最終残金の支払いを行なう。)

STEP11

お引渡し完了

晴れて、新しいライフスタイルを手にする。

STEP12

アフターメンテナンス

お引渡しから6ヵ月後、1年後…と定期的に状況を伺うためのメンテナンスハガキを受ける。そうして末永いサポートを行なってもらう。

  • テクノストラクチャー
  • リビングベル
  • 島原半島のライフマガジン